春の妖精

d0162724_13560373.jpg
前回ブログアップからほぼひと月
セリバオウレンの今日の姿


d0162724_13561039.jpg
春の妖精にふさわしく
凛と可憐


d0162724_13562560.jpg
地面のそこここで
むっくり膨らんだ花芽から
ゼンマイ状にたたまれていた蕾が
ぽろんぽろんと
顔を出し始めています。


d0162724_13562942.jpg
ちいさなちいさな妖精


d0162724_13563288.jpg
ユキワリイチゲの蕾も!


d0162724_13563552.jpg
可愛いスノードロップ♪
緑のドットがおさかなみたい



d0162724_13571696.jpg
テラスの日溜り
多肉も気持ちよさそう


d0162724_13570367.jpg
ここ数日寒さが和らいでいます


d0162724_13570668.jpg
ミモザはまだかしら



d0162724_13572836.jpg
※庭仕事の記録
5日 駐車場と花畑のつるバラの剪定誘引
8日 テラスのつるバラの剪定誘引
14日 ハクモクレンの剪定&柵への編み込み


d0162724_13570865.jpg
引っ越して18年
やっと思いついて
家の外壁の塗り替え工事中です。



d0162724_13571426.jpg
業者さんとの打ち合わせの段階から
「あー!そこには球根が!」
「あー!そこ!貝母百合の芽が!!」
。。。


で、一目瞭然でわかるように
立ち入り禁止ゾーンを囲む
黄色のビニールひもを張り巡らしました。
いまのところは大きな被害はありません。
が、この後のフェンスの波板取替工事が問題。


基礎のブロック塀に沿って春球根がびっしり
植わっているデンジャラスゾーンなのです。
踏んでもよい場所に足場としてレンガを置きました。
職人さんやりにくいでしょうね。
すみません。
ひたすら無事を祈るのみです。









[PR]
# by karinntou_k | 2018-02-18 14:47 | 庭の様子

冬の日

d0162724_14043458.jpg
妹の庭と呼応するように咲きだした
セリバオウレン

d0162724_14044039.jpg
かじかんだ花びらが
すこしずつ
すこしづつ
開いてゆきます

d0162724_14044327.jpg
花畑のスノードロップが
いつの間にか
消えてしまいそうになったので
去年の秋
中庭のクリスマスローズコーナーに
新たに植えこんでみました。
この場所を気に入ってくれるかな。

d0162724_14044555.jpg
きれいなクモの巣
雪柳と一緒に
ふるふる
谷風に震えています。

d0162724_14044803.jpg
冬の青空


d0162724_14045190.jpg
野茨

d0162724_14045380.jpg
ヴィオラ

d0162724_14045695.jpg
和庭の剪定もぼちぼち始めました。
アナベルは今年は軽めに
フウチソウは地際からばっさりと

d0162724_14045831.jpg
剪定枝の赤い実

d0162724_14050176.jpg
きらきら

d0162724_14023983.jpg
谷川のきらめきをうけて
踊っている
ハクモクレンの銀色帽子









[PR]
# by karinntou_k | 2018-01-21 14:31 | 庭の様子

雪が降りました


d0162724_21082560.jpg
日本中が凍えた昨夜
谷間にも
うっすらと雪が積もりました。

d0162724_21090036.jpg
雪国の方が見たら笑っちゃいますね。
でもここ松山では
めったにお目にかかれない景色なのですよ。

d0162724_21085359.jpg
一番手前のバラは
昨日相原バラ園から引き取って
植え付けたばかりの
ザ・ラーク・アセンディング。
この場所に植えてあったレダが
テッポウムシにやられてしまったのです。
バラを始めて3年目の
熱病にうかされた頃に
植えたバラの一本です。
すでに谷間のバラの8割方が
15年を超える古株になってしまいました。
今後不調のバラは
どんどん増えて行く事でしょう。
その時また同じバラを植えるか、
違うバラを植えるか、
それともバラ以外の草木を植えるか。
谷間の庭も過渡期を迎えています。

今回は大きな穴を掘って
ごっそりと土替えし
違うバラを植えました。
上手く根付いて
春にはふんわりと咲いてくれますように。
レダはまたリベンジです。

d0162724_21091111.jpg
一年草の冬越し苗。
春に向けて頑張れ!


d0162724_21091804.jpg
ミモザはもうスタンバイOK

d0162724_21095786.jpg
誘引前のブラッシュランブラー


d0162724_21100303.jpg
まだ咲いてる!

d0162724_21100972.jpg
小さな赤い実が可愛い


d0162724_21103720.jpg
グルス・アン・テプリッツ
冬は紅さが凝縮したよう。

d0162724_21102996.jpg
エトワール・ド・リヨン

d0162724_21101554.jpg
スナップエンドウとウスイエンドウ

d0162724_21102466.jpg
谷川も寒そう

d0162724_21115959.jpg
ヘクソカズラ

d0162724_21104379.jpg
う~さすがに寒い!!
部屋に入ります。

d0162724_21105957.jpg
ハクモクレンにポンカンをさしておいたら
早速ヒヨドリがやってきました。

d0162724_21105396.jpg
一心不乱につついています。
美味しいのね。

d0162724_21104818.jpg
冬恒例の庭部屋からのバードウォッチング♪



[PR]
# by karinntou_k | 2018-01-13 22:39 | 庭の様子

おひさしぶりです

d0162724_23361194.jpg
今日から12月。
ずいぶん長い間お休みしてしまいました。

d0162724_23341761.jpg

庭はすっかり錦秋の装い

d0162724_23365121.jpg
ハクモクレンがばさっばさっと
大きな音をたてて葉を散らせています。


d0162724_23372354.jpg
ヤマモミジ
テッポウムシの被害にあい更には台風に大枝を2本もっていかれながらも残された命を燃やすかのように紅く染まりました。


d0162724_23381189.jpg
シダや

d0162724_23382598.jpg

アナベルを照らす晩秋の陽射し


d0162724_23384014.jpg
すっかりさびしくなった庭で
可憐に咲いているツワブキや



d0162724_23385691.jpg
ツルバラ
毎年繰り返される自然の営みにほっとさせられます。

d0162724_23391085.jpg

主人の両親の入院・介護
自分の入院・手術
この半年の間にいろんな事が起こりました。


d0162724_23393078.jpg
元気で暮らせること
本当にそれがなによりですね




d0162724_23394762.jpg
退院してから2週間とちょっとお休みをいただきました。
「神様がくれたお休みだと思って穏やかに過ごしてください。」
とは大学時代の友人がくれた言葉。
ゆっくり庭を歩いて、少しペースを落として、大切な人達と素敵な時間を過ごしていきたい。
そんな風に思っていた休みの間に、学生時代の友人、以前の職場の同僚、職業学校の友人、妹、叔母達と自然に繋がり、それぞれひさびさに会って楽しい時間を過ごせたのは奇跡。
まさに神様がくれたお休みでした。

今日から職場復帰。
自分を必要としてくれる場所があるのもまた幸せな事だと思いつつ、このネットの向こうにいる誰かにありがとうと伝えたくて久しぶりにブログアップです。











[PR]
# by karinntou_k | 2017-12-01 23:23 | 生活雑感


d0162724_23200479.jpg
AM 10:36
竜神平東端入り口

d0162724_23195056.jpg
生い茂る夏草をかきわけ進みます

d0162724_23193768.jpg
ふわふわのイネ科の穂が揺れる中
見え隠れする小花達



d0162724_23195756.jpg
この花は何かな?


d0162724_23200963.jpg
サワヒヨドリ

d0162724_23201965.jpg
オトギリソウ

d0162724_23203176.jpg


d0162724_23203706.jpg
サワヒヨドリかヒヨドリバナか
んー?


d0162724_23204980.jpg
これはわかるね
カワラナデシコ

d0162724_23205372.jpg
可愛いベル型の花
ツリガネニンジン
この花の名前はこの後愛大小屋の前で再会した朝の女性登山者(駐車場所のアドバイスをしてくださった方)に教えてもらいました。
「青色なのになんでにんじん?」
と不思議がる私に「地中の根がにんじんと似ているのですよ。朝鮮にんじんとか言うでしょ。」とわかりやすく解説。なるほど~。

d0162724_23211978.jpg

ツリガネニンジンとカワラナデシコ

d0162724_23213484.jpg
d0162724_02493692.jpg
窪地を渡ります。
もうすぐ愛大小屋

d0162724_23215583.jpg
ヤマアワ
淡黄色の穂と青みを帯びた銀灰色の葉がきれい

d0162724_23220037.jpg
手前の小さな白い粒々の花はヌマトラノオ
もう少し近くに寄ればアップで撮れたかもしれませんが、自然保護の観点からこの湿原に踏み込むのを遠慮しました。


d0162724_23222442.jpg

d0162724_23222977.jpg

d0162724_23223580.jpg
先程通ってきた窪地

d0162724_23224048.jpg
ハンカイソウはもう終わり

d0162724_02500452.jpg
AM10:50
愛大小屋到着
d0162724_23224954.jpg
愛大小屋の向かいにある竜神社
八大竜王の祠で雷雲とどろき現れる龍は雨乞いの神様。

d0162724_23225408.jpg
お昼にしましょう♪
きんぴらを芯にしたおにぎりはくずれてしまったけれど、昨夜のおかずの残りの芋天・唐揚げ・卵焼き(今朝主人が焼いた)どれも美味しいよ。
たまに手作り弁当もいいね。
なんてお昼を食べているところへ水の元の駐車場で会った女性と再会。
風穴コースから登ってきた彼女から、風穴近くにフシグロセンノウが咲いているとの情報を教えてもらいました。
アシナガバチが飛んできてひゃーひゃー言いながら防虫スプレーで撃退。
(実は前回虫除けネットを被っていたにも関わらずブヨに刺されてお岩さん状態になってしまった経験から今回防虫対策はばっちり。)


AM11:15
愛大小屋出発
皿ケ峰山頂を目指します。

d0162724_23230005.jpg
途中の畑野川への分岐点

d0162724_23233713.jpg
ガマズミ

d0162724_23235149.jpg
なんだろう?


d0162724_23240679.jpg
きのこ?

d0162724_23241188.jpg
こぐまかコアラが木にといついているみたい


d0162724_23241688.jpg
ね(笑)


d0162724_23242252.jpg
木の根の階段

d0162724_23242680.jpg
大きなブナの木が2本
門番のようです。

d0162724_23243798.jpg


d0162724_23244207.jpg

d0162724_23244873.jpg
もうすぐ頂上

d0162724_23251727.jpg

AM11:48
皿ケ峰頂上(1278m)到着


d0162724_23250040.jpg

d0162724_23253333.jpg
これは今登ってきた道

d0162724_23254052.jpg
AM 11:54
下山開始
今度はこちらから別ルート(十字峠を経由)で下山しよう
。。。としたつもりだったのになぜか同じルートを降りてしまった。
どうしてそうなったのか未だに謎。
今度ちゃんと確かめなくては。
途中「これさっき登ってきた道やないかなあ?」と疑問をもった主人に
「ううん。絶対違うよ!」と確信をもって否定した私。
確信の根拠は何かというと入り口が違うのだから絶対違うはず、という思い込み。
やれやれ。
「お母さんが自信満々に『絶対』って言う時は絶対に怪しい。」という息子の言葉が脳裏に浮かびます…。

d0162724_23261204.jpg
ヤマジノホトトギス

d0162724_23264533.jpg
ちょっと目立つオレンジのきのこ


d0162724_23265353.jpg
PM 0:20
再び竜神平到着
お湯を沸かして


d0162724_23271384.jpg
カフェオレで一休み

PM 0:40
竜神平出発

d0162724_01570667.jpg
愛大小屋の中をのぞいてみましょうか


d0162724_01571637.jpg


d0162724_23272192.jpg


d0162724_23272869.jpg

d0162724_23273365.jpg
さっき間違えなければここへ降りてくる予定でした。

d0162724_23274759.jpg
竜神平を後にします


d0162724_23280003.jpg
爽やかなヒノキの香りが満ちています

d0162724_23282278.jpg
優しく安定感のあるブナの幹

d0162724_23282896.jpg
クサアジサイ
紫陽花そっくりですが木ではなくて草
「3枚の装飾花が特徴ですよ。」
と、例の女性登山者から教えてもらいました。
なるほど。

d0162724_23283560.jpg
いくつかある気になるポイントのひとつ
苔におおわれた木の椅子

d0162724_23284128.jpg
1ケ月前はアジサイロードだった場所

d0162724_02512668.jpg

d0162724_23284740.jpg
モミジガサの花

d0162724_23285450.jpg
盛りを過ぎたギンバイソウ

d0162724_23290063.jpg
重信川が見えます

d0162724_23291585.jpg
鳥の鳴き声がまるで何かを語りかけているよう

d0162724_23292191.jpg
オオバヨメナ

d0162724_23292728.jpg
モミジガサ

d0162724_23294792.jpg
ウバユリ

d0162724_23294178.jpg

d0162724_23295724.jpg
PM 1:25
風穴到着
結構な人出です。

d0162724_23300366.jpg
d0162724_23301363.jpg
これこれ!
教えてもらったフシグロセンノウに会えました。

d0162724_23302472.jpg
風穴の駐車場を抜け、道なき道を突っ切ってなんとか登山道に。
ハートがころがってます。

d0162724_23303452.jpg
水の元にむかう

d0162724_23304912.jpg


d0162724_23310066.jpg
PM 2:00
水の元駐車場に到着
朝の静けさとはうって変わって流しそうめんのお客さんで大賑わい。
行列ができてました。

d0162724_23311354.jpg
鷹の子温泉で汗を流しさっぱりしたところで『祇園』のお好み焼きを食べに。

d0162724_23314214.jpg
登山道で拾った鳥の羽
なんの鳥かな?

d0162724_03502923.png

※追記
どうやらカケスの羽のよう

花の名前に鳥の名前
知りたいことがまだまだたくさんです。

d0162724_23312177.jpg
紫の破線が今回のコース

d0162724_02531865.png
借り物の画像ですのでコースが違うけれどイメージが掴みやすいかな。
(地図の画像は北が上になってますが写真は南が上になっているので注意)
写真の林道の文字の左の林道がカクンと折れているあたりの水の元から上林トンネルの上にあたる山の肩の上林峠に斜め左上に登り、そこから急坂の階段を上がって尾根筋に。龍神平を回って皿ヶ嶺頂上に登りました。
皿ケ峰がこんなに楽しい山だとは知らなかった。
新しい登山靴を買ったらまた行かなくては。




[PR]
# by karinntou_k | 2017-08-13 23:18 | おでかけ